設立3年以内の法人様限定 会計税務顧問業務を特別価格で提供いたします詳細はこちら

借入金管理アプリで、借入金を管理してみよう!!(freeeの話です)

みなさん、こんにちは。freee専門公認会計士・税理士の中田裕司(なかたゆうじ)です。

創業期、成長期、安定期と、ビジネスにはさまざまなステージがありますが、どのステージでも欠かせないのがお金ではないでしょうか?

お金を集めるには、株式を発行したり、借入をしたりする必要がありますが、多くの会社では、金融機関から借入をしてお金を集めていると思います。

ここで問題になるのが、借入金の管理をしていないこと。

借入金の管理の仕方がわからない、面倒くさいなどの理由で、借入金の管理をされていないなんてことはないでしょうか?

ですが、freeeの「借入金管理アプリ」を使えば、記帳はもちろんのこと、効率的に借入金を管理することができます

今日は、「借入金管理アプリ」で、借入金を管理する方法を紹介します。

目次

借入金を管理するとは?

借入金を管理するというのは、借入金台帳(※)を作成して、資金繰りを管理することです。
※:借入金台帳は、銀行、借入日、返済日、借入金額、返済額、利率など借入金の情報を集約したもので、エクセルで作成することが多いです。

借入金台帳は、資金繰りを管理することを目的として作成しますが、銀行に融資を申し込むときに、銀行から借入金台帳の提出を求められることもあります。

銀行に言われてから、あわてて借入金台帳を作成されていないでしょうか?

借入金台帳は会社の資金繰りのために必要ですので、銀行から言われる前に作成することをオススメします。

借入金管理アプリを使おう!

freeeのアプリストアに、「借入金管理アプリ」というアプリがあります。

「借入金管理アプリ」はいわば借入金台帳そのものです。

「借入金管理アプリ」に情報を登録し、会計freeeの記帳まで行うには、

  • 返済予定表の情報を入力
  • 借入金情報の登録
  • 返済の取引登録

のステップを経ます。

STEP
返済予定表の情報を入力

銀行から融資を受けると、返済予定表をもらえると思います。

「借入金管理アプリ」には、返済予定表の情報を入力します。

登録の方法は、「手入力」、もしくは、「csvファイルのアップロード」のいずれかです。

返済予定表の情報を見ながら、1件1件手入力していくこともできますが、借入の本数が多い場合、手入力するのは他変なので、csvファイルアップロードをオススメします。

csvファイルのサンプルは、「契約登録」の右上側にある「返済予定表のcsvアップロード」の「?」にありますので、このファイルを使って、csvファイルに返済日、元金分返済額、利息分返済額を入力します。
(元金分返済額、利息分返済額は、桁区切りをすると、freeeに取り込みできないので、ご注意を!)

登録画面
csvファイルのサンプル(画面右上)
csvファイルへの入力
STEP
借入金情報の登録

STEP1のcsvファイルを、freeeにアップロードします。

アップロード後、プレビュー画面が表示されますので、内容を確認の上、「csvを読み込む」を押下します。

その後、「契約登録」の「返済予定表」タブに、csvファイルの内容が反映されます。

取引先や返済方法など、csvファイルに入力していない内容を入力した後、「次へ」を押下します。

csvファイルをアップロードした後、
freeeにcsvファイルを読み込ませる
csvファイルをfreeeに読み込ませた後の画面①
csvファイルをfreeeに読み込ませた後の画面②
csvファイルをfreeeに読み込ませた後の画面③
「次へ」を押下
STEP
返済の取引登録

STEP2で登録した借入金情報のうち、返済取引について、会計freeeに取引登録をします。

「契約一覧」より、返済の取引登録をしたい借入を選択した後、「返済予定表」タブの「取引登録」を押下します。

なお、すべての返済を登録したい場合は、「会計freeeに登録する」にチェックを、一部の返済だけ登録した場合は、登録したくない返済のチェックを外します。
(基本的にはすべて登録してもいいと思います)

取引登録をするかどうかを聞いてきますので、「取引登録」を押下します。

元金分と利息分1つの取引として会計freeeに登録するにチェックを入れるかどうかを選択できますが、銀行の出金明細に合わせて選択してください。
(元本と利息の合算額が出金明細に表示されるのであればチェックを入れ、元本と利息が別々に出金明細に表示されるのであればチェックを外したほうがよいでしょう)

契約一覧>契約詳細>返済予定表の「取引登録」を押下
返済予定表の内容を会計freeeに登録してもよいか聞いてくるので、「取引登録」を押下

取引登録されると、会計freeeには、次の仕訳が登録されます。
(借)長期借入金 XXX (貸)未払金 XXX
   支払利息  XXX

実際に出金された際には、自動で経理であれば、「未決済取引の消込」で未払金を消込、手動での取引登録であれば、返済取引の「決済」>「+決済を登録」で未払金を消し込みます。

会計freeeの取引画面①
会計freeeの取引画面②

借入金情報を登録した後のお話

ここからは、「借入金管理アプリ」に借入金の情報を登録した後の話です。

借入金管理は、結局のところ、資金繰りに行き着きます

「借入金管理アプリ」に、借入金の情報を登録した結果、資金繰りに役立つ情報として、

  • 「借入金管理アプリ」に借入推移のグラフと金額
  • 会計freeeの「資金繰りレポート」に借入金額や返済金額が反映される&借入金以外の資金収支も含めた資金繰り

がわかりやすく表示されます。

これらの情報により、資金繰り状況を明らかにすることで、経営の意思決定に役立てることができます。

なお、借入だけでなく、売上、仕入、経費の未決済取引を登録するときに、決済期日を正しく入力しないと、会計freeeの「資金繰りレポート」が使い物になりませんので、ご注意ください。

また、法人のベーシックプラン以上に限定されますが、資金繰りレポートは予測の数値を入力することも可能ですので、資金繰り実績表だけでなく、資金繰り予定表の作成も可能です。

借入金管理アプリの借入推移グラフ
借入金管理アプリの契約一覧
借入金管理アプリの借入推移表
会計freeeのレポート>資金繰りレポートより、資金繰りレポートが表示される
資金繰りレポート画面①
資金繰りレポート画面②

まとめ

今日は、freeeの「借入金管理アプリ」で借入金を管理する方法を紹介しました。

freeeで管理すれば、社内でも簡単に共有できますので、ぜひ使ってみましょう。

編集後記

リバプール、ホーム アンフィールドで6連敗です。

攻撃のテンポが遅い、プレスをかけても相手にかわされる、攻めあぐねてボール奪われてカウンター攻撃をくらう、このホーム6連敗中は同じVTRを見ているかのような体たらくぶりです。

プレミア4位以内は無理なので、チャンピオンズリーグ優勝で来季のチャンピオンズリーグ出場権を確保するしかないのですが、それも無理でしょうね。


この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる