freeeをご利用でない法人様先着3社限定、
freeeへのお乗り換え特典がございます。詳細はこちら

Misocaとfreeeを連携してみた!!

みなさん、こんにちは。freee専門税理士・公認会計士の中田裕司(なかたゆうじ)です。

freeeでは、標準機能として、請求書作成、債権管理をすることができます。

2021年3月22日のブログ「freeeで請求書を作ってみよう!!」で、freeeでの請求書の作成方法、売上計上、債権管理について紹介しました。

freeeで請求書作成〜債権管理をするのであれば、↑のブログの方法でできます。

しかし、freeeを導入する前から、別の請求書作成ソフトで請求書を作成するケースもあると思います。

freee以外で請求書を作成した場合、売上計上〜債権管理までをfreeeで行いますが、freeeとは別の請求書作成ソフトで請求書を作成した場合、売上計上〜債権管理までをどうすればいいのか?という疑問がわいてきます。

手入力とか、csvファイルの取り込みとかが考えられますが、スマートではないですよね。

でも大丈夫です。

請求書作成ソフトによっては、簡単にfreeeと連携して売上計上することができます

今日は、請求書作成ソフトのひとつ、弥生株式会社のクラウド見積・納品・請求書サービス「Misoca」とfreeeを連携して売上計上する方法を紹介します。

目次

Misocaとは?

Misocaは、弥生株式会社が提供するクラウド見積・納品・請求書サービスで、「たった3ステップ、1分で見積書・納品書・請求書を作成」という触れ込みで、請求書等を簡単に、かつ、漏れなく正確に作成するものです。

freeeで請求書を作成する場合と比べて、手間などはあまり変わりませんが、弥生会計をお使いの方は弥生会計と連携できるので、便利だと思います。
(わたしは弥生会計を使っていませんが。。。)

Misocaとfreeeの連携

Misoca→freeeの操作でも、freee→Misocaの操作(アプリストアを使用)でも、Misocaとfreeeは連携できます。
freeeのヘルプセンターでは、Misoca→freeeの操作が紹介されています)

が、今回は、freeeのアプリストアを使用した連携方法を紹介します。

freeeのアプリストアを使用した連携は、大きく

  • freeeアプリストアでの連携開始
  • Misocaでの連携承認
  • Misocaでの請求書作成
  • Misocaからのfreeeへの送信

に分けられます。

STEP
freeeアプリストアでの連携開始
  1. freeeの「設定」>「連携アプリの設定」よりfreeeアプリストアを開く
  2. freeeアプリストアの「請求・支払い」をクリック
  3. 「Misoca」を選択
  4. 「Misoca」と連携することの承認
「設定」>「連携アプリの設定」をクリック
freeeアプリストアの「請求・支払い」をクリック
「Misoca」を選択
「アプリを利用する」をクリック
「Misoca」を「事業所名」で利用しますか?と聞かれるので、
「アプリを利用する」をクリック
アプリ連携の開始画面で
「許可する」をクリック
STEP
Misocaでの連携承認

STEP.1を終えると、Misocaの管理画面に遷移するので、Misocaの「外部アカウント連携」>「freee」をクリックし、freeeと連携中となっていることを確認

「Misoca」の外部アカウント連携で
「連携する」をクリック
freeeの箇所が「連携中」
となっていることを確認
STEP
Misocaでの請求書作成
STEP
Misocaからのfreeeへの送信

Misocaで請求書を作成したら、

  1. Misocaの請求書管理画面より、freeeに送信したい件名を選ぶ
  2. 該当する件名の請求書の詳細画面の「freee」をクリック
  3. 「freeeに請求書情報を送信」画面の「freeeに送信する」をクリック
  4. 「freeeに請求書情報を送信」画面で、「送信完了」となったことを確認
freeeに送信したい件名を選択
「freee」をクリック
「freeeに請求書情報を送信」の
「freeeに送信する」をクリック
「送信完了」と表示されていることを確認

(留意事項)
freeeに送信した後、freeeの取引画面を開くと、「取引先」タグは付与されていません。
(つまり、取引先は連携されないということ)

「取引先」タグを付与しないと、債権管理ができないため、freeeに送信後、「取引先」タグを選択しましょう。
(売上計上後の債権管理は、freeeで請求書を作成した場合と同じですので、2021年3月22日のブログをご覧いただければと思います)

ホーム画面の最近登録した取引に表示される
「取引先」タグを付与する
(品目、部門、メモの各タグは会社の状況に応じて付与)

まとめ

今日は、Misocaとfreeeの連携について紹介しました。

freeeで請求書作成〜債権管理までできればいいのですが、(Misocaに限らず)従来のソフトを使い続けたいという要望もあると思います。

freeeは、請求書発行以外にも、外部のアプリと連携できる数が豊富ですので、従来のソフトを活かした業務フローを構築されたい方は、アプリストアを利用してみてはいかがでしょうか。

編集後記

ようやく、明日、PS5が我が家に届きます!!

楽しみに待ちます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる