開業3年以内のお客さま限定キャンペーンを実施中です

Macのクラムシェルモードを使ってみた!!

みなさん、こんにちは。クラウド会計専門公認会計士・税理士の中田裕司(なかたゆうじ)です。 

普段、ノートパソコンを使っていて、 画面が小さくて見にくいなんてことはありませんか?

2020年10月28日のブログ「デュアルディスプレイで快適に仕事をしよう」で、デュアルディスプレイで仕事することにより、2つの画面を使えるので、資料を参照しながら作業したり、複数のExcelを比較したりでき、 生産性を向上させる効用を紹介しました。

わたしはMacbook Airを使っていますが、上記のブログ執筆後しばらく、デュアルディスプレイで仕事をしていて、 2つの画面を行き来することが面倒くさく感じるようになりました

そうしたなか、Macの機能のひとつに、クラムシェルモードがあるのを知りました。

クラムシェルモードとは、Macを閉じて、Macの画面を別のディスプレイに投影するものです。

クラムシェルモードを使ってみると、メリット・デメリットがいろいろあることがわかりました。

今日は、使ってみて感じた、Macのクラムシェルモードのメリット・デメリットを紹介します。 

目次

クラムシェルモードのやり方

クラムシェルモードにするには、

  • Macと外付けのディスプレイをケーブル(例:HDMIケーブル)でつなぐ
  • Macの画面を閉じる(電源を切ることではありません)

をする必要があります。

これらは順番を守る必要があり、Macの画面を閉じてからケーブルをつないではいけません。 

Macと外付けのディスプレイをHDMIケーブルでつなぐために、わたしは「TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK TB4」を使っています。

クラムシェルモードのメリット・デメリット

クラムシェルモードを使ってみると、次のようなメリット・デメリットが見えてきました。

メリット

  • 画面を行き来する必要がない
  • 姿勢よく作業できる
  • 場所を取らない

画面を行き来する必要がない

1つの大きな画面で2つのファイルを参照することができるので、デュアルディスプレイのようにMacと外付けディスプレイを行き来する必要がなく、何より見やすいです。

外付けディスプレイで、ChromeとTwitterを左右並べて表示

姿勢よく作業できる

ノートパソコンの場合、目線を下に落とすので、姿勢が悪くなりがちです。

 一方、クラムシェルモードの場合、外付けディスプレイの大きさにもよりますが、目線を下げずに作業できますので、おのずと姿勢よく作業できます。 

わたしの場合、目線とほぼ同じ高さに画面があります。

場所を取らない

Macを閉じるので、横置きにする必要がなく、Macを置く場所を取りません。

わたしは、↓のスタンドを購入して、Macをスタンドに立てかけています。

スタンドの実物

デメリット

  • 外付けのキーボードやマウスが必要
  • Macが熱を持ちやすい

外付けのキーボードやマウスが必要

Macの画面を閉じるので、Macのキーボードやトラックパッドが使えません
(Mac のトラックパッドはかなり使いやすいので、イタイのですが。。。)

そのため、 外付けのキーボードやマウスが必要です。

わたしは、外付けキーボードは、ロジクールの「MX Keys for Mac」を、マウスは同じくロジクールのトラックボールマウス「ERGO M575」を使っています。

MX Keys for Mac(奥)とパームレスト(手前)

Macが熱を持ちやすい

Macを閉じてしまうと、熱がこもり、Macが熱を持ちやすくなってしまいます

Macを使っている時は仕方ないですが、Macを使わないときは電源を落として、熱を持たないように配慮する必要があります。

まとめ

今日は、Macのクラムシェルモードのメリット・デメリットを紹介しました。

いまのところ、クラムシェルモードで不具合はありませんので、このままクラムシェルモードを継続したいと思います。

編集後記

PS5をやり始めましたが、処理が早くて快適です!!


会計税務顧問、クラウド会計運用支援は当事務所開業1周年キャンペーン実施中(開業3年以内の事業者の方限定です)

バックオフィスの業務効率化なら「マネーフォワード クラウド」

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる