UQモバイルのSIMをeSIMにしてみた!!

みなさん、こんにちは。freee専門公認会計士・税理士の中田裕司(なかたゆうじ)です。

2021年になって、携帯電話各社がeSIMが始まったというプレスリリースを出しているのをご存知でしょうか?

eSIMとは、Embedded SIMのことで、端末に挿入するSIMカードとは違い、端末内に組み込まれたSIMです。

eSIMにすることで、オンライン手続きでも手続したその日から使えるとか、1台で複数回線を使える(デュアルSIM)ことができるといったメリットがあります。
(本ブログ執筆日現在では、eSIM対応の端末がまだ少なく、SIMロックも必要といった面倒さはありますが。。。)

わたしはUQモバイルと契約していますが、UQモバイルも9月2日からeSIMを始めたとのことでした。

eSIMにしたらどうなるのかが気になり、せっかくの機会ですので、eSIMを申し込んでみました。

今日は、UQモバイルで、eSIMを使うための設定の手順を紹介します。

目次

どうやって変更するの?

前提

本ブログ執筆日現在、UQモバイルでeSIMを申し込むには、5Gのプランを契約する必要があります

また、すでに4Gのプランを契約している場合には、5Gのプランの契約時に、物理SIMカードを発行してもらい、回線を切り替えた後、物理SIM→eSIMに変更する必要があります。
(新規契約の場合は、5Gのプラン申込でeSIMを選択することができます)

わたしは、4Gのプラン(くりこしプランS(V))を契約していたため、

  • 5Gのプランに変更
  • 回線切替
  • 物理SIM→eSIMに変更

というステップを踏む必要がありました。

結論から言うと、5Gのプランを申し込んでからeSIMに変更するまで5日間かかりました。

  • 9/7:5Gプランへの変更申し込み
  • 9/10:物理SIMカード到着→回線切替
  • 9/11:eSIMに変更

物理SIMカードが到着し、回線切替をしても、切替日にeSIMに変更することはできないようです。

なお、わたしが使用しているスマートフォンは、iPhone 12 mini(SIMフリー)です。

5Gのプランに変更

5Gへのプランに変更する手順は次のとおりです。

STEP
myUQにログインし、料金プラン変更をクリック
  1. UQモバイルのトップページにある「my UQ」をクリック
  2. ログインする
  3. 「料金プラン変更」をクリック
「my UQ」をクリック
ログイン
「料金プラン変更」をクリック
STEP
「料金プラン変更(4G/5Gの新しいプラン)」の「申し込み」をクリックし、変更内容の入力&重要事項の確認
  1. 「料金プラン変更(4G/5Gの新しいプラン)」の「申し込み」をクリック
  2. 変更後の契約プランを選択
  3. 重要事項を確認し、同意する
  4. 「変更する」をクリック
4G/5Gの新しいプランの「申し込み」をクリック
変更後のプラン選択画面①
変更後のプラン選択画面②
変更後のプラン選択画面③
いっぱいありすぎてわかりづらい。。。
わたしは、「くりこしS+5G/通話オプなし」を選択
重要事項説明画面①
重要事項説明画面②
STEP
変更の確定

「変更する」をクリックし、変更を受け付けたことを確認する

「変更する」をクリック
変更の受付場面

なお、au IDを発行し、UQモバイルの契約とau IDを紐付けしないと、回線切替以降の手続ができないようです。

回線切替

SIMカードが到着したら、回線切替が必要です。
(なお、申込日を含め15日間を経過すると、回線切替手続きができなくなります)

SIMカードに、回線切替の手続方法を記載した文書が同梱されているので、文書を見ながら、回線手続を行います。

回線切替の手順は次のとおりです。

STEP
回線切替の電話

案内文書に記載された電話番号に電話します(9:00〜20:00が受付時間)。
なんで、電話しかできないのかはナゾです(電話嫌いなんで面倒です)

STEP
コミュニケーターと話す

案内文書には、

「自動音声に従ってお手続きください。コミュニケーターよりご案内する場合がございます。」

とありますが、わたしの場合は、コミュニケーターにつながり、名前、電話番号、申込書番号の下5桁をお伝えして、コミュニケーターとの会話は終わりました。
(どういう基準でコミュニケーターより案内するのかはわかりません)

STEP
スマートフォンの電源を切って、30分〜60分ほど待つ

回線切替のため、スマートフォンの電源を切り、30分〜60分ほど待ちます。
(何分待てばよいのかは一概に言えないのですが、わたしは60分待ちました)

STEP
SIMカードをスマートフォンのSIMスロットに差し込み、発信テストをする

STEP.3の後、スマートフォンの電源を入れ、スマートフォンにSIMカードを挿入したら、発信テスト用の番号(案内文書に書いている番号)に電話をかけ、発信テストをして、問題なければ回線切替完了です。

物理SIM→eSIMへの変更

回線切替が完了した翌日以降、物理SIMからeSIMへ変更します。

eSIMへの変更手順は次のとおりです。
(わたしはUQ mobile ポータルアプリを使って、手続しました。)

STEP
アプリから「eSIMの再発行」をする

eSIMの発行は初めてですが、「eSIMの再発行」手続をすることになります。

  1. 「UQ mobile ポータルアプリ」の「サポート」>「eSIMの設定」をクリック
  2. 「eSIM再発行」をクリック
アプリの「サポート」をクリックした後、
「eSIMの設定」をクリック
「eSIM再発行」をクリック
STEP
ブラウザで「eSIMの再発行」手続をする

STEP.1の「eSIMの再発行」をクリックすると、ブラウザが立ち上がるので、手続を進めます。

  1. 回線種別を選択
  2. 契約内容の確認方法を選択
「5G」を選択
(eSIMに変更できるのは5Gしかないので、
5G以外の選択肢はない)
「次へ」をクリック
STEP
eSIM再発行
  1. 契約内容の確認方法の選択(移行前から書面での確認を選択しない限りは、my UQ mobileで確認するしかない)
  2. 「eSIM再発行を申し込み」をクリック
  3. 「申込書番号」をメモする(もしくはスクリーンショットを撮る)
注意事項
契約内容の確認方法を選択し、
「eSIM再発行を申し込む」をクリック
9桁の申込書番号が表示されるので、
メモする
STEP
回線切替

eSIMを再発行するときも回線切替が必要ですが、こちらはWEBで手続します。

  1. eSIMの再発行申込後に表示される画面に、回線切替用ページのリンクが案内されるので、そのリンクをクリック
  2. 案内画面に表示される手続(データ移行や注意事項の確認)をする
  3. STEP.3で発行された「申込書番号」、「電話番号」、「暗証番号」を入力し、回線切替を行う
プロファイルのダウンロード準備とあるが、
すでにUQ mobileポータルアプリをダウンロードし、
au IDと紐付けしていれば、OK
回線切替用ページのリンクをクリック
回線切替手続の画面
SIM・eSIM交換のお客さまの
「すすむ」をクリック
データ移行をしたら、
「データ移行済み」をクリック
注意事項の確認画面
注意事項を確認したら、
「内容確認済み」をクリック
「機種変更/SIM・eSIM交換」をクリック
「申込書番号」、「電話番号」、「暗証番号」を入力し、
「入力内容を確定する」をクリック
ここでは、「申し込み番号」となっているが、
先述の「申込書番号」と同じです。
「お客様情報確認」の「送信する」をクリック
STEP
eSIMプロファイルのダウンロード

「UQ mobileポータルアプリ」の「サポート」>「eSIMの設定」をクリックした後、「eSIMプロファイルをダウンロード」をクリックすると、設定を開始するので、順番に手続をすすめる。

「eSIMプロファイルをダウンロード」
をクリック

「eSIMプロファイルをダウンロード」をクリックすると、次のような画面が出てきました。
もしかすると、SIMカードを差し込んだままにしていたので、SIMカードとeSIMのデュアルSIMだとiPhoneが認識した可能性があります。

とりあえず、よくわからないので、「続ける」をクリックし続けたら、設定が完了しました(笑)。

次のようなダウンロード完了画面が表示されるので、この画面が表示されたら、プロファイルのダウンロードは完了です

ダウンロード完了画面

変更による影響

これまで、4G→5Gへの変更と物理SIM→eSIMへの変更に分けて紹介しましたが、これらの変更によりわたしの場合、次のような影響がありました。

  • データ容量のくりこしが引き継がれない
  • デュアルSIMにすることができる

データ容量のくりこしが引き継がれない

データ容量のくりこしが引き継がれないのは、4G→5Gへ変更したためです。

データ容量のくりこしについて、UQモバイルのホームページに案内がありました。

なお、各種割引やオプションも引き継がれないようですが、わたしは割引やオプションの契約をしていなかったため、割引やオプションに関する影響はありませんでした。

UQモバイルのホームページにある注意事項

デュアルSIMにすることができる

デュアルSIMにすることができるのは、eSIMに変更し、SIMカードスロットに空きができたためです。

SIMカードに空きが出ても、特に問題はないです。

ですが、わたしは、UQモバイルの回線に異常が生じた場合に備えて、サブ回線(OCNモバイルONE・SMS付きデータ通信専用SIM)を契約していますので、OCNモバイルONEのSIMカードを挿入して、OCNモバイルONEの回線も使える状態ことにしました。

下の画像のように、主回線(=UQ mobile)・副回線(=docomo)というように、デュアルSIMになっています。

なお、本ブログ執筆日現在、iPhoneでデータ通信専用SIM回線をモバイルデータ通信用の回線として設定すると、緊急機関(110/118/119)への発信ができない不具合があります。
(下記の記事はUQモバイルではありませんが、eSIMが使えるiPhoneに共通して発生しており、UQモバイルでも同様です。

モバイルデータ通信用の回線に音声通話可能なSIM回線を設定することで、この不具合を回避できます。

まとめ

今日は、UQモバイルの既存契約者がeSIMを使うための手順を紹介しました。

最後に、こんなことを言ってはなんですが、わたしの生活範囲ではまだ5Gの電波が飛んでおらず、また、デュアルSIMも不具合が生じているため、eSIMにしたものの、UQモバイルのシングルSIMで4Gしか使えないという状況は変わっておりません

ですが、eSIMそのものは便利ですので、お試ししてみてはいかがでしょうか?

ただし、eSIMへの移行に失敗すると、UQモバイルの店舗での手続が必要ですので、ご留意ください。
(失敗しても、こちらでは責任を負いかねます。。。)

編集後記

カーリング女子日本代表決定戦の最終戦(第5戦)をテレビで見ました。

ロコ・ソラーレは2連敗で後がない中、第3戦と第4戦を勝って、最終戦に持ち込みました。

終始、ロコ・ソラーレがリードしていましたが、最終エンドの最後のショットで、失敗すれば逆転負けというプレッシャーの中、ロコ・ソラーレの藤澤五月選手が見事にドローショットを決めて、ロコ・ソラーレが逆転で日本代表の座を勝ち取りました。

まだ、オリンピック出場が決まったわけではありませんが、ロコ・ソラーレの皆さんが涙を流しているのを見て、こちらも感動したとともに、あきらめないことの大切さを教えてもらった気がしました。


この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる