Gmailで開封確認をしたいときは、「MailTrack for Gmail」を使ってみよう!!

みなさん、こんにちは。クラウド会計専門公認会計士・税理士の中田裕司(なかたゆうじ)です。

Gmailをお使いの方で、メールを送った相手がメールを開いてくれたかどうか気になったことはありませんか?

LINEなどのチャットツールは、「既読」がついているかを見ればいいのですが、Gmailは標準機能として開封確認の機能はありません
(職場や学校のアカウントで、かつ、管理者が設定した場合は開封確認機能が使えますが、gmail.comアカウントで使えません)

今日は、Gmailで、メールの送信先が開封したかどうかを知ることができる拡張機能「MailTrack for Gmail」を紹介します。

目次

MailTrack for Gmailの使い方

MailTrack for Gmailを使うためには、次のステップをたどります。

  1. chrome ウェブストアより「MailTrack for Gmail」を追加
  2. Gmailと接続
  3. メールの文章を作成・送信
  4. メール送信後の確認

①と②で設定し、③と④で実際の使い方

STEP
chrome ウェブストアより「MailTrack for Gmail」を追加
  1. chrome ウェブストアのページ左上にある検索窓に「MailTrack For Gmail」と入力し、Enterをクリック
  1. 「MailTrack For Gmail 専用 Eメールのトラッキング」が表示されるので、クリック
  1. 「MailTrack For Gmail 専用 Eメールのトラッキング」画面の右側に表示される「Chromeに追加」をクリック
  1. 「MailTrack For Gmail 専用 Eメールのトラッキング」を追加しますか?と聞かれるので、「拡張機能を追加」をクリック
STEP
Gmailと接続
  1. STEP.1⑤で拡張機能(=MailTrack For Gmail)を追加した後、「MailTrack For Gmail」とGmailと接続するため、「Connect with Google」をクリック
  1. 「MailTrack For Gmail」と接続したいGoogleアカウントを選択
  1. プランを選択(今回は無料版)
  1. 「Go to Gmail」をクリック
  1. Gmail画面右側の歯車の隣に表示される 「MailTrack For Gmail」のアイコンから「MailTrack is now installed」と表示されるので、「Okay」をクリック
STEP
メールの文章を作成・送信

メールの文章を作成する際、署名の下に「MailTrack For Gmail」の画像が表示されます。

無料版の場合、この画像が表示されます。

この画像を表示したくない場合は、有料版への加入が必要です。

メールの作成・送信はいつもの通りしていただければ結構です。

STEP
メール送信後の確認

メールを送信すると、「送信済み」フォルダの星印の右隣にチェックマーク(黄緑色)が表示されます。

チェックマークが1つの場合は、送信済み&未開封、チェックマークが2つの場合は、送信済み&開封済となります。

なお、開封すると、開封したことの通知メールが送信者に届きます。

また、メール送信して24時間・48時間経過しても未開封の場合、未開封であることの通知メールが送信者に届きます。

実際、開封確認は全部つけたほうがいいの?

ここまでは、設定方法と実際の使い方を紹介しました。

ただ、何でもかんでも開封確認をつけるのがいいのかと言うと、そうでもないと思います。

開封確認が必要なときというのは、限られていると思います。
(わたしの場合ですと、ご契約頂く前の面談の日程を連絡する時やお見積書を提出したときくらいです。)

なぜ、このような話をしたかというと、全てのメールに開封確認をつけると、それほど重要ではない未開封のメールのことが気になり、仕事に集中できなくなるからです。
(LINEで既読がついたかどうかが気になるのと同じですね)

なお、署名の下に表示される「MailTrack For Gmail」の画像を削除するには、画像の横にある「✕」をクリックすると、削除でき、開封確認はできないようになります。
(「✕」は前のセクションのSTEP.3の画像をご参照ください)

まとめ

「MailTrack for Gmail」でGmailの開封確認を紹介しました。

ただ、何でもかんでも開封確認をせず、必要に応じてやればいいかなと思います。

編集後記

本日2021年12月17日は、税理士試験の合格発表がありました。

585名の合格者の皆様、合格おめでとうございます。

税理士試験は年々、受験者数・合格者数が減少しています。

まだまだ、人手不足だと思いますので、受験者数を増やして、業界を拡大する努力が求められますね。

あと、2021年12月18日・19日は公認会計士の修了考査(最終試験)があります。

近年、合格率が低下しており、合格しにくくなっています。(合格率は50%弱)

自分の経験で恐縮ですが、試験中はずっとペンを動かして、それでも時間が足りないくらいでした。

とにかく、できることをやり続けることが大事だと思いますので、2日間頑張ってください。


バックオフィスの業務効率化なら「マネーフォワード クラウド」

Gポイント

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる