個人事業主になったら、社会保険の手続を!!vol.2

みなさん、こんにちは。公認会計士の中田裕司(なかたゆうじ)です。

10月12日のブログ「個人事業主になったら、社会保険の手続を!!vol.1」で、個人事業主になったら、公的医療保険の切り替え等の手続きを紹介しました。

今日は、昨日の続きで、個人事業主になったら必要な年金の手続について紹介します。

目次

年金の手続

年金とは?

年金は、老齢・障害・死亡に伴う生活保障を目的として、一定期間もしくは終身にわたってもらえるお金です。

年金には、国民年金・厚生年金といった公的年金と、企業年金やiDecoなどの私的年金があります。

以下のスライドの青色部分が公的年金で、それ以外が私的年金です。

今日、紹介するのは、スライドの青色部分の公的年金に関する手続です。

年金の手続で必要なことは?

わたしが、独立前は事業会社の会社員でしたので、「厚生年金」に加入していました。

個人事業主になる場合は、「厚生年金」を脱退し、「国民年金」に加入します。

「厚生年金」からの脱退は、会社が手続をしますが、「国民年金」の加入手続は自らがしなければなりません。

「国民年金」の手続は、市区役所・町村役場に行って手続をします。
(脱退後、14日以内に手続をする必要があります)

手続(横浜市の場合)

  • 年金手帳
  • 退職日のわかる書類(退職証明書や離職票など)
  • 認印

を持参して、区役所国民年金係で手続をします。
注:横浜市以外にお住まいの方は、お住いの市区町村に必要書類をご確認頂ければと思います。

実際、役所に行きましたが、年金手帳と退職証明書を提示して、係の方から示された書類に名前、電話番号、住所等を記載して、5分程度で終了しました
(昨今の「脱押印」を反映してのことでしょうか、認印を持参しましたが、使用しませんでした。)

まとめ

個人事業主になったら、年金は「厚生年金」→「国民年金」に変わります

厚生年金脱退後、14日以内に役所に行って、年金手帳と退職証明書等を持参して手続する必要がありますが、ものの数分で終わります。

編集後記

Amazonプライムデーで、13.3インチのモバイルディスプレイを購入しました。

外出時に使うことも想定して、15.6インチではなく、13.3インチにしました。

オーディオもあり、Nintendo Switchもつなげられるので、あつ森をやろうかなと思います。


この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる