Googleアラートとfeedlyで効率的に情報収集しよう!!

みなさん、こんにちは。freee専門公認会計士・税理士の中田裕司(なかたゆうじ)です。

日頃、ネットで情報収集をされることがあると思いますが、みなさんは、どうやって情報を集めているでしょうか?

おそらく、「Google検索」を使って情報を集めていらっしゃる方が多いかと思います。

ただ、毎回、「Google 検索」を開いて入力して検索するとなると、非常に効率が悪いです。

そこで、今日紹介したいのが、Googleアラートとfeedlyを使った情報収集です。

Googleアラートとfeedlyを使うことで、効率的に情報収集することができます。

目次

Googleアラート

Google アラートは、 キーワードを設定し、Web上の新着コンテンツをチェックするものです。

自分でGoogle検索を使う場合は、検索窓にキーワードを入れて、検索ボタンをクリックして、Webページを見に行きます。

Google アラートは、 あらかじめ、興味のあるキーワードを設定し、そのキーワードに関連するWeb ページをGoogle がピックアップしてくれます。

設定は↓の通りです。

STEP
キーワードを入力

ピックアップしてほしいキーワードを入力し、「オプションを表示」をクリック。

STEP
オプションの設定

Googleアラートは、Webサイトをピックアップすると、メールかRSSフィードで通知をしてくれますが、「RSSフィード」で通知してもらうよう、配信先を「RSSフィード」にします。

feedly

feedlyは、Webページを収集するための RSS リーダーです。

feedlyの設定は、↓の通りです。
(今回は無料版です)

STEP
アカウントの作成

feedlyで収集するためのアカウントを作成します。

STEP
他アカウントとの連携

feedlyは、Google、Facebook、Twitter、Appleなどのアカウントと連携することができます。

今回は、Facebookを例に紹介します。

連携したいアカウントを選択

Googleアラートとfeedlyの連携

ここからは、Googleアラートとfeedlyを連携させます。

連携は↓の通りです。

STEP
GoogleアラートでRSSフィードURLのコピー

Googleアラートで設定したキーワードに関するRSSフィードは、URLがありますので、URLをコピーします。

アドレスをコピー
STEP
RSSフィードの登録

RSSフィードをfeedlyに登録するため、Step.1でコピーしたURLをfeedlyに貼り付けます。

アドレスを入力
STEP
登録名の修正

Step.2の登録を終えると、「トー(キーワード)GoogleAlert」と表示されるので、登録名を修正します。

今回は「「トーfreee GoogleAlert」→「freee」に修正します。

FOLLOWは有料版のみ
修正を終えた後の画面

真ん中から右が、
GoogleアラートがピックアップしたWebサイト
STEP
(任意)カテゴリの作成・キーワードとの紐付け

登録したキーワードが多くなってきて、カテゴリ別に表示したい場合は、カテゴリを作成し、カテゴリ別に表示させることが出来ます。

カテゴリの作成画面
カテゴリ名を入力
今回は「クラウド会計」
登録したキーワードとカテゴリを紐付け
紐付け後の画面

連携することのデメリット

デメリットというほどのデメリットではないですが、複数のキーワードを登録した場合、違うキーワードでも、同じサイトをピックアップすることがありますので重複が生じます。

そうした場合は、無視すれば結構です。 

まとめ

今日は、Googleアラートとfeedlyを連携させることで、効率的に情報収集できることを紹介しました。

今回は、 PC版を紹介しましたが、スマホやタブレットでもアプリをダウンロードすれば見られます。

また、Googleアラートのみならず、一般のWeb サイトのURLを登録することもできます。

ただし、情報収集しても、取捨選択できるかはみなさん次第ですので、あしからず。

編集後記

今日、自宅の郵便受けに、渋谷駅徒歩7分の2LDKマンションのチラシが入っていましたが、価格が2億4千万円でした。

心の中で、誰が買えるんだよと思いました。


この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる