freeeをご利用でない法人様先着3社限定、
freeeへのお乗り換え特典がございます。詳細はこちら

プライベートとビジネスを分ける

みなさん、こんにちは。公認会計士の中田裕司(なかたゆうじ)です。

「プライベートとビジネスを分ける」というタイトルをご覧になって、急に何のことだろうと思われましたか?

仕事をしっかりやって、プライベートを充実させるなんて当然だろうという声が聞こえてきそうですが、決してそんなことが言いたいわけではありません。

何が言いたいか。そう、お金の話です。

具体的には、銀行口座とクレカです。

法人であれば、法人の銀行口座・クレカをお持ちの法人も多いと思います。

しかし、個人事業主で、事業用の銀行口座・クレカをお持ちの方は少ないです。

今日は、個人事業主が、事業用の銀行口座・クレカを持ったほうがいいかを皆さんと考えたいと思います。

目次

事業用の銀行口座・クレカを持つデメリット

作るのがめんどう

 個人事業主が事業用の銀行口座・クレカを持つデメリットは、作るのがめんどう

 銀行に行ったり、書類を書いたりと、めんどくさいですよね。

事業用の銀行口座・クレカを持つメリット

先ほど、「作るのがめんどう」というデメリットがあるとお伝えしましたが、「作るのがめんどう」以外のデメリットはありません。

デメリットを上回るだけのメリットがあります。

お金の管理が楽

もし、プライベートもビジネスも同じ銀行口座・クレカで支出すると、どの支出がプライベート?ビジネス?となり、ぱっと見、よく分かりません。

1年分の支出をプライベートとビジネスに分け、プライベート分を除いて税金計算をする必要があります。

毎年、1年分の支出をプライベートとビジネスに分けると思ったら、同じ銀行口座・クレカの方がめんどうだと思いませんか?

事業用の銀行口座・クレカを作るという一手間かけるだけで、あとが楽になりますし、より正しく確定申告ができます。

クラウド会計ソフトを導入すれば、事業用の銀行口座・クレカと会計ソフトを連携して入力までできるので、入力の手間も省けます。

わたしも、事業用の銀行口座・クレカを作り、クラウド会計ソフトと連携していますが、非常に楽チンです。

税務調査で堂々とできる

税務調査を受けたい人はいないですが、不幸にも税務調査を受けることになったときを想像しましょう。

事業用の銀行口座・クレカを作らないと、プライベートの支出をうっかり経費にするリスクが高くなります。

税務調査で「これ、プライベートの支出ですか?」と聞かれて、反論できますか?

税務調査で、間違いが明らかになったら、追徴課税などのペナルティが課されます。

事業用の銀行口座・クレカを作れば、うっかりミスも防げますし、税務調査で堂々とできます。

事業用の銀行口座・クレカの作り方

事業用の銀行口座・クレカってどうやって作るの?と思われたあなた、プライベート用の銀行口座・クレカとだいたい一緒ですので、ご安心を。

違いと言えば、昨日のブログで紹介した「開業届のコピー」が必要なことくらいです。

そう思うと、そんなに難しくないですよね。

まとめ

事業用の銀行口座・クレカを作るのは

  • お金の管理が楽
  • 税務調査で堂々とできる

といった、めんどうというデメリットを上回るメリットがあり、作ることのハードルも低いです。

ということで、個人事業主が、事業用の銀行口座・クレカを持ったほうがいいか?と問いに、わたしは「Yes」と答えます。

皆さんの答えは、どちらでしょうか?

編集後記

 iPhone 12の発売のうわさが出てきてますね。
 わたしはiPhone 8なので、買い換えどきですが、5G対応がどうなるかで決めたいと思っています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる